勇退資金形成としての保険加入

勇退資金形成の意味での保険法人が生命保険に加入する更なる利点としましては、保障を得ながら解約時には返戻金があるということです。保険の種類にもよりますが、月々の掛け金(年払いも同様)は、損金割合に応じて会社の経費にすることができます(損金割合以外の部分は積立金)。生命保険の特徴は、万が一が起きなかったときでも、解約返戻金や満期返戻金という形で収入として戻ってきます。一旦経費として支払っていた以上、それが戻ってくると収入となってしまうのです。(注意:社長名義でかけた養老保険は、通常、掛金を給料として処理します。)

解約返戻金を収入として受取ると税金が発生するのではないか?という疑問が生まれますが、放置しておくと全くその通りです。ですからそれをそっくり経営者に対する役員退職金として経費に振り替えてしまうのです。ここで、返戻金の収入と退職金の経費が相殺されます。また、払込期間中の損金部分が経費としてそのまま生かされるという事にもなります。

「せっかく保険をかけても、自分に万が一なんてありえない」という方も、保険料払込期間中は保障が得られ、解約時にはその返戻金を退職金としてもらえるというのは励みになるのではないでしょうか。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

財産評価関連資料
こんなとき、財産評価が必要になります。

連絡先 お問合せフォーム